たびのごはん:ランチのシメは

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 18:44

 

シンガポール滞在、最終日。

明日は飛行機に乗って、トーキョーに戻ります。

 

あっと言う間の1週間でした。

 

午前中、人が訪ねて来るのを

170426.JPG

ホテルでずっと待ちました。

プールサイドからの眺めです。

 

我々が泊まった、大きなバルコニーが特徴の棟は

ガーデン・ウィングと呼ばれるもので、

170426-2.JPG

本当に、庭園に中に居るみたいな造りなのです。

 

170426-3.JPG

1階からの眺め。

棟内を歩くだけで、植物園を散策しているかのよう。

 

170426-4.JPG

背の高い方の建物が本館ですが、

あいにく今は大改装中。
来月の再オープンを目指して、大工事が行われておりました。

 

170426-5.JPG

本館の左隣のバレー・ウィングは、さらにワンランク上の棟です。

日本大使館御用達で、歴代の首相もここに泊まっていました。

 

敷地内をブラブラして時間をつぶしていたら、

やっと人が来て用事が済んだので、

正午に

170426-6.JPG

歩いてオーチャードへ。

 

今日はチャッキと二人でハイティーを頂きます。

目指したのは

170426-7.JPG

グランド・ハイアットの、

 

170426-8.JPG

1階にあるラウンジ。

 

去年もハイティーに立ち寄った場所です。

内容がとてもヨカッタので、チャッキにもゼヒ食べてもらいたくて。

 

170426-9.JPG

ビュッフェカウンターに近い席に案内されました。

 

ここのハイティーは、ビュッフェと2段トレーの

2種類のスタイルが供されます。

まず、ビュッフェの内容をご紹介しますと、

170426-10.JPG

サラダに、

 

170426-11.JPG

サンドイッチや春巻きなどのフィンガーフード系。

お寿司もあります。

 

170426-12.JPG

目の前でメイン料理を作ってくれる、ライブキッチンコーナー。

今日はエビがメインなのだとか。

 

170426-13.JPG

生ハムやチーズ、パンなどのコーナー。

冷蔵庫には、生ガキもあります。

 

どうしてもご覧に入れたかったのは、コレ。

170426-14.JPG

お寿司の脇に添えられてた、

 

170426-15.JPG

特盛りのワサビ!

しかも、まるで亀の甲羅みたいなデザインになってます。

なにこれ、これはオシャレなつもりなの?

 

こちらの人のワサビ消費量が尋常ではないことを

知らしめる、日本では考えられないおもてなしでございます。

 

さて、そして本題のハイティー♪

 

まず最初に

170426-16.JPG

前菜系から、行きます!

 

170426-17.JPG

生ハム、サラミ、メロン、ベトナム風生春巻き、

ラップサンド、サラダ、それにバゲットです。

どれもおいしい!

 

お次はいきなり、

170426-18.JPG

メインに突入。
エビのソテーのオランデーズソースがけでした。

添えられたポテトがねっとり甘くておいしかった。

エビじゃないんかい。

 

3皿目。

170426-19.JPG

カニコロッケにカレーパフに、

角煮サンドにツナサンド。

 

「このカニコロッケ!

 カニ身がぎっしりでおいしいよ〜♪

 ちょっと食べてみてぇー」

などと、ビュッフェなんだから別にもらってくれば

いいところを、二人で分け合っていたら、

気を利かせてお水を持ってきてくれたオネーサンの

手元が狂って、なんとチャッキのお皿と膝に

ドバーッ!!

テーブルとチャッキの膝が水浸しになりました。

 

あわてて水をせき止めるオネーサン。

ふきんを走って持ってくる別のオネーサン。

テーブルの上を秒速で片付ける、これまた別のオネーサン。

そしていつの間にか登場していた、モップを持ったオバチャン。

 

スタッフ4人の見事な連携プレーで、一瞬、

洪水だったテーブルの上は、すぐに元通りになりました。

残ったのは、チャッキのズボンの水あとだけ。

 

オネーサンたちがかわるがわる、謝りに来てくれたので、

「まー、お水でヨカッタですよ、アハハ」

と軽く流して、ハイティー再開。

 

170426-20.JPG

チャッキに点心を分けてもらい、

甘くない系の食べ物は終了にしました。

 

そして、

170426-21.JPG

2段トレーに乗った、デザートに取り掛かります。

 

170426-22.JPG

残念だったのは、デザート系が前回に比べて、

かなり見劣りがすることです。

抹茶とチョコ系のムースばかり。

 

170426-23.JPG

下の段は、フルーツ盛り合わせだけだなんて。

しょぼい!

 

とか言いながらも、

170426-24.JPG

食べる食べる。

甘い甘い。

 

170426-25.JPG

ベリーのクランブル。

これはまだマシでした。

 

170426-26.JPG

パイ生地がヘニャヘニャで、文句を言いたい気分。

 

170426-27.JPG

フルーツは2種類。

トロピカル系と、ベリー系でした。

うーん、でも、果物ではお腹は膨れないのよぅ。

 

とか言いながらも、もう十分食べたので、

170426-29.JPG

スコーンで締めくくりました。

 

これでフィナーレを迎えたハズでしたが、

さっきのお詫びに、、、とオネーサンが、

170426-28.JPG

ドリアン・アイスクリームをサービスで

出してくれました。

うーん、上級者向けだわ。

 

オネーサン、このアイスを出してくれる前に

「ドリアン、食べられますか?大丈夫?」

とは聞いてくれました。

「はいはい、食べますよ〜」

と返事したのですが、考えてみたら、

当事者のチャッキはドリアン好きじゃなかったです。

ごめんごめん、しかも、

すっごく生ドリアンの味がする、

濃厚なやつが出てきて、ほんっとゴメンね。

 

今日のハイティー料金は、一人約4185円。

んー、正直、前の方がお得な内容だったので、

ちょっとガッカリでした。

ごめんねー、チャッキ、喜んでもらおうと思ったのに。

 

とにもかくにも、お腹は必要以上にいーっぱいになったので、

午後の自由時間はブラブラ歩いてカロリー消費に徹しました。

 

 

しょんぼり珍しく、母が消化不良?でダウン チャッキも胃薬のお世話に わたくしだけ元気しょんぼり

いつもご覧いただきありがとうございますラブランチブログのランキングに参加しています王冠2
今日も応援クリックupグーupグーupゼヒよろしくお願いします!!ディナー地球ディナー地球ディナー

 

JUGEMテーマ:今日の昼ご飯

たびのごはん:ボケボケランチ

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 18:31

 

今日はホテルのお引越しの日。

 

チャッキが前々から一度は泊まりたい、と言っていた

シャングリラホテルに宿泊先を変える日です。

 

午前中にチェックアウトを済ませ、ロビーで

ランチの約束をした相手を待ちました。

相手はわたくしたち姉妹の英語の元家庭教師。

 

中学生の時からずっと面倒を見てもらってきた

オバサンです。

今はすでにリタイアしておりますが、

我々を教えたあと、この国一番の有名女子校の校長先生まで

した人なのですが、なーんか言ってることがボケボケで。

 

今日のランチに際しても、あっちからメールで事前に

「食べたいものをリストアップして」

と言われていたので、数週間も前に返答しておりました。

なのに、昨日のなって

「どうなのよ」

の連絡。

 

だから!

もう言ったでしょ!

と、電話口でヒステリーを起こしたわたくし。

 

今日もちょっと不安になりながら

お迎えを待ちました。

案の定、約束の時間を大幅に過ぎて、オバサン登場。

 

そして、リクエストしたメニューとは全然違う流れになりました。

 

こっちはヨンタウフーという、おでんとラーメンを合体させたみたいな

汁麺を希望しておりましたが、オバサンが連れて行こうとしたのは、

エビソバの店。

しかし、エビソバは、本日定休日でした。

なんやねん!

 

急きょ、予定を変更して、

170425.JPG

郊外の屋台村へ。

 

「ワンタン麺が美味しいところがある」

とのことでした。

えーと、わたくしたち、ここ来たことあるもん。

知ってるもん。

別にココでなくても、いいのにさー。

 

170425-2.JPG

かなり大きい屋台村なんですけどね。

 

170425-3.JPG

まだ正午前なので、比較的すいていました。

 

170425-4.JPG

ここのお店がオバサン推しのお店だそうで。

なんか知ってるよ、ココ。

弥生ちゃんとビリーが案内してくれたことが、あります。

 

170425-5.JPG

注文に行列が出来ておりましたので、

有名なところのようではあります。

 

170425-6.JPG

チャッキは汁麺、わたくしと母は汁ナシを注文。

 

170425-7.JPG

・汁なしワンタンチャーシュー麺 3ドル50セント(約277円)

 

170425-8.JPG

チリソースをからめて食べる麺です♪

 

170425-9.JPG

スープは別添え。

 

お味は、まあまあ。

まずくはないですどけ、正直、そんなに飛び上がるほどおいしくもなく。

 

すると、

170425-10.JPG

・フィッシュボール・ミー

 

「これも食べなさい」

と、オバサンが別の汁麺も買ってきました。

 

そんなに食べられないよぅ。

 

さらに、

170425-11.JPG

・ロジャック

 

ピーナッツ味のアジアンサラダ。

これも「有名だから食べなさい」

と有無を言わさず注文してきてくれました。

 

しかも、これはちょっとピリ辛系のサラダなのですが、

170425-12.JPG

辛くない系バージョンも1皿追加で。

チャッキが辛いのが苦手、と聞いて、買ってくれたようです。

だから!

もういいの!

大体、チャッキは甘口のサラダは食べないですし!

 

またいなくなったオバサン、

170425-13.JPG

「これも食べなさい」、とエビソバと共に再登場。

しかも、2杯も、です。

 

チャッキはワンタン麺に加え、エビソバも1杯余分に食べさせるハメに。

 

また消えたオバサン、お次は

170425-14.JPG

豆花2人前をぶらさげて、カムバック。

「今食べてもいいし、ホテルの戻ってからでも」

とのこと。

はいはい、ほんと、もういいですから。

 

そしてまたまた消えたオバサン、

もうやめてぇ!、もういいからぁ、と

思っていたら、手ぶらで帰還。

 

テーブルの上に並べられた、麺類だらけの

器を、みんなで一生懸命片付けました。

 

そして、屋台村を出る時、

「…あ」

と通りがかったお店に立ち寄り、

何やらお店の人と話して、大きな包みをピックアップ。

 

なんと、焼きそばを我々のために注文してくれたのに、

お金を払って現物を受け取るのを忘れていたようです。

え?、さっき消えて、手ぶらで戻ったのは、そのせい???

大丈夫か!?オバサン!!!!

テイクアウトにしたんだね?

だってそれ、我々はもう食べられないよ!?

 

屋台村を出たあと、母が食材を買いたい、と言うので

170425-15.JPG

下町の下町、ゲイランという、ガラの悪いエリアに

連れていってもらいました。

 

170425-16.JPG

母が、チキンライスの素を買いたい、と言ったので

ここに来たのですが、オバサンは4回ぐらい、

我々に

「中国正月用のソースを買え」

と勧めてきました。

だから!正月料理はいらないの!

 

そして、そこでわたくしが、何気に地元の菓子モチ

1切れだけを買おうとしたら、

「ここじゃない方が美味しいから、そっちへ連れてってやる」

と言うので、

170425-17.JPG

道を間違ってムダに遠回りして、チャイナタウンのはずれまで。

 

 

170425-18.JPG

ここも、古い街で、シンガポールで最初の公団がまだ

立ち並ぶエリアです。

 

170425-19.JPG

なので、背の低い建物ばかり。

 

170425-20.JPG

 

170425-21.JPG

「ここよ、ここ」

と入ってみたら、これまた前に弥生ちゃんの案内で

行ったことのあるお店でした。

 

そして、お菓子は売り切れ。

なんやねんなー!

 

あー、いいですいいです、別の買います、と

勝手に決着をつけて、次の宿泊先の

シャングリラホテルまで送ってもらいました。

170425-22.JPG

ウッディーな室内は、シックな雰囲気。

 

170425-23.JPG

 

170425-24.JPG

ミニバーはかなり充実。

 

170425-25.JPG

バスルームも広めです。

が、たまたま今まで泊まっていたヨソのホテルの

お部屋が広すぎたので、感動がイマイチ。。。

170425-26.JPG

 

170425-27.JPG

 

帰国まであと数日。

ここで残りの滞在を満喫したいと思います。

 

 

しょんぼり結局ナニ食べたのかよくわからないランチになりましたしょんぼり

いつもご覧いただきありがとうございますラブランチブログのランキングに参加しています王冠2
今日も応援クリックupグーupグーupゼヒよろしくお願いします!!ディナー地球ディナー地球ディナー

 

JUGEMテーマ:今日の昼ご飯

 

たびのごはん:ベタベタ半日小旅行

  • 2017.04.24 Monday
  • 18:23

 

今朝は早起きして、現地ツアーに参加。

 

チャッキが前からどうしても行ってみたい!、と

強く希望していた、お隣の国、マレーシアへの

日帰り旅行の日なのです。

 

J●Bの観光バスに乗りまして、

シンガポールの国境へ。

170424.JPG

シンガポールは小さな島国ですが、お隣のマレーシアとは

短い橋でつながっております。

 

170424-2.JPG

向こうの景色はもうマレーシアの南の玄関、

ジョホールバルです。

 

170424-3.JPG

海峡をへだてて、こっちとあちらでは

街の風景も、全然違うのです。

最近では、ジョホールバルも開発が進んで

高層ビルがあちらこちらで建設中、とのことですが、

やはりシンガポールに比べると、まだまだのようです。

 

今日の半日ツアーは日本人向けの初心者コースですので、

訪問先はベッタベタの観光スポットばかり。

170424-4.JPG

まずは、スルタンの宮殿前に到着。

ジョホール州の王様のお住まいです。

 

入り口は

170424-5.JPG

まるで某テーマパークを思い出させる

メルヘンチックな造り。

 

170424-6.JPG

実は、シンガポールに住んでいた頃、

妹はジョホールの王女様とお友達だったのです。

たまたま一緒の語学学校に通っていたご縁で、

結構仲良くしてもらっていたようです。

この暑苦しい東南アジアの国で、白い手袋まではめた

制服姿の運転手さんが、よく王女さまからのお届け物を

高級車に乗せて、うちまで持ってきてくれたものです。

こんなところから、来てただなー、とあらためて実感。

今では門のこっちから、中を眺めるだけ。。。

 

宮殿を外からだけ見学したあと、

170424-7.JPG

高台にある、イスラム寺院へ。

 

170424-8.JPG

寺院の前からの風景。

海の向こうはシンガポールです。

ね、近いですよね。

 

170424-9.JPG

そのあと、旧宮殿の前をバスで通り、

 

170424-11.JPG

市街地を通り、

170424-10.JPG

 

170424-12.JPG

戦前に建てられた市庁舎を横切り、

 

170424-13.JPG

住宅街を通過し、

 

170424-14.JPG

マレー文化村へ。

要するに、観光客向けのスポットですね。

結局、ツアーの大半はこのあと、ここで過ごすことに。

 

まず、

170424-15.JPG

マレーシア人の典型的なお家を拝見。

高床式になっています。

わたくしの学んだ、日本人小学校も、最初はこんな

高床式の校舎でした。

 

昔のマレーシアの庶民のお宅の中はこんな感じ

170424-16.JPG

 

170424-17.JPG

リビングスペース。

天井からぶら下がっているのは、赤ちゃん用のゆりかごです。

 

170424-18.JPG

屋根はかやぶき屋根ならぬ、

ヤシの葉でふいた屋根。

もちろん冷房なんて、ございません。

扇風機のみ。

 

170424-19.JPG

ダイニングスペース。

向こうがキッチン。

食事は基本、床にペタンと座って右手だけで食べます。

 

お次は同じ敷地内で、

170424-20.JPG

バティック染め体験。

ようするに、ろうけつ染めですよね。

ガイドさんに、手順をザックリ説明してもらいます。

 

170424-21.JPG

これはバティックの職人さんが、ロウで

イラストのアウトラインを描いているところ。

 

170424-22.JPG

ロウをインク代わりにして下絵を描き、

その中に我々が色を入れる段取りになっているようです。

 

170424-23.JPG

早速、個別に挑戦!

チャッキはこういうの、苦手らしく、

すっごくイヤイヤな雰囲気でした。

170424-28.JPG

いいじゃーん、がんばろうよ〜!

 

一方で、わたくしは結構ノリノリで、

170424-25.JPG

見本を見て、ワクワク♪

 

170424-27.JPG

こちらをお手本に、やってみることにしました。

 

塗り絵の要領で、染料を下絵の中に塗り、

水でぼかして、、、

170424-26.JPG

あぎゃあ!?
全然イメージしたのと違う仕上がりに。。。

 

170424-29.JPG

自分で染めてみたものは、後でもらえることになりました。

 

その間に、今度は

170424-30.JPG

テータレの作り方を見学&体験。

ミルクティー作りです。

 

続いて、

170424-31.JPG

ロティ作りを見学&体験。

こちらは、ピザ生地みたいに伸ばして作る、

厚めのクレープのようなものです。

 

そして、これらの試食。

170424-32.JPG

ココナツカレー付きロティと、

ティータレ。

 

170424-33.JPG

お茶もロティも、出来立て熱々なら、美味しいハズなんですけどねぇ。。。

 

170424-34.JPG

目の前で、1口だけで試食を放棄するチャッキ。

 

「ま、このあとランチもあるからさ…」

というのが言い分です。ナニ期待してるのさ。

 

続きまして、同じ敷地内の、

プチ芝居小屋みたいなスペースに案内され、

170424-35.JPG

カルチャーショー。

なんとマレーシアの民族楽器を駆使して演奏してくれた曲が、

日本の歌謡曲『別れても好きな人』だったので、

チャッキと二人で笑っていいのかマジメに聞くべきか迷い、

結局すっごく神妙な顔をして、小刻みに震えながら座っていました。

 

170424-36.JPG

ダンスがスタート!

 

わたくしは踊り子さんよりも、

170424-37.JPG

この男子が気になって気になって。

 

170424-38.JPG

ぜんっぜん盛り上がらないバンブーダンスとかもありましたけど、

 

とにかく、

170424-39.JPG

この人ばかりをシャッターにおさめてました。

ゼッタイにオネエ系ですよね???

いいわあ♪

 

カルチャーショー鑑賞のあとは、

170424-40.JPG

お土産コーナーに、半強制的に連れていかれます。

パワーストーンならぬ、「エネルギー水晶」なるものの

摩訶不思議かつありがたいご利益についての実演と説明に、

かーなり長い時間を費やしまして、

そのあと、お買い物タイム。

 

この、お買い物タイムとやらが、いっちばん長い時間でした。

エネルギー水晶がいらないなら、

マレーシア名産の錫製品はいかが?

錫がダメなら、銀製品はどう?

銀もイイなら、パシュミナは?

バティックは?

木彫りはどうだ?

ラタン小物は?

と熱心なこと。

 

他の参加者が、ココナツクッキーなどを買っているのを横目に、

我々二人はなーんにも買わずじまい。

 

と、お土産コーナーにほぼ軟禁されている間に、

ゲリラ豪雨になりました。

170424-41.JPG

やっと乗った観光バスからの外の風景。

 

170424-42.JPG

文化村の入り口が、大雨で見えません。

 

やっとお土産地獄から解放されたら、もうツアーは終盤に。

170424-43.JPG

市内のホテルで、ランチを食べて帰ります。

 

170424-44.JPG

ホントかどうかはわかりませんが、市内一の高級ホテルだと言う、

ヒルトン系のホテルです。

 

170424-45.JPG

ここの1階にある、コーヒーハウスでランチバイキング。

 

メニュー自体は、思いのほか充実しておりまして、

170424-46.JPG

中華料理のコーナーに、

 

170424-47.JPG

インドのコーナー、

 

170424-48.JPG

マレーのコーナー、

 

170424-49.JPG

やはりカレー系が豊富なようですはありますが、

注文してから作ってくれる、ヌードル系もいくつかありました。

 

170424-50.JPG

デザートコーナーもかなり大きめのスペース。

 

170424-51.JPG

母の大好きなアイスカチャン、アジアンかき氷のコーナーまで

ありました。

 

わたくしは色々と悩んだ末に、こんなのをセレクトしました

170424-52.JPG

・マレーゴハンのプレート

 

170424-53.JPG

チキンカレー、フィッシュカレー、ビーフカレーなど

お肉のカレーを中心に、野菜煮込みとピクルスと

サラダなどなど。

 

今回の旅行では、一番好物のマレーのゴハンを食べるチャンスが

全然なかったので、超ラッキー!、と喜びましたが、

残念ながら、あまりおいしくありませんでした。

なんだかとてもマイルドで、外国人向けの味。

一番ガッカリしたのは、ご飯の炊き方がフニャフニャで、

どのオカズとも合わなかったことです。

 

一皿目をテキトーに残し、

170424-54.JPG

二皿目へ。

 

豚角煮の中華バーガーと、

ローストチキンライス。

これもどちらもイマイチ。

 

仕方ないので、デザートタイムに突入。

170424-55.JPG

ナシのタルトと、ナッツのタルト、

それにベリーがけパンナコッタを食べてみました。

ナシのタルトだけが合格点。

ああ残念!

 

あーもー、せっかく本場、マレーシアでの

マレーゴハン、楽しみにしていたのにー!

パックツアーだったからいけないのか、

ホテルのゴハンだったからいけないのか、

全然期待していたのと違いました。。。

 

とりあえず、全工程を終えまして、

またバスに乗り、

170424-56.JPG

市街地脇を通り、一路国境へ。

 

170424-57.JPG

また橋を渡って、シンガポールに戻ります。

 

ちなみに、

170424-58.JPG

橋の脇に走っている、この3本のパイプは、

シンガポールの生命線でもあるのです。

中身は、お水。

 

自国の資源が何もないシンガポールでは、

水をマレーシアから買っています。

この3本のパイプのうち、2本はマレーシアから

輸入した水がシンガポールに流れています。

残りの1本は、輸入した水をシンガポールで浄水したのち、

逆にマレーシアに送り返して販売している水のパイプです。

 

お腹がいっぱいプラス、朝からプログラム満載で

ぼおっとしたアタマでパイプを眺めていたら、

170424-59.JPG

あっと言う間にシンガポールに到着。

 

ホテルに戻ってから、おみやげにもらった

自作のバティックの包みを開けました。

170424-60.JPG

うーん、絵心ゼロのハズの、

チャッキのほうが、よっぽど上手に出来ていました。

くーやーしー。

 

 

しょんぼりあんなに行きたいと言っていたジョホール チャッキの感想は「イマイチ」しょんぼり

いつもご覧いただきありがとうございますラブランチブログのランキングに参加しています王冠2
今日も応援クリックupグーupグーupゼヒよろしくお願いします!!ディナー地球ディナー地球ディナー

 

JUGEMテーマ:今日の昼ご飯

たびのごはん:セレブなブランチ

  • 2017.04.23 Sunday
  • 17:55

 

いきなりですが、昨夜の夕飯の自慢をします。

 

シンガポールに到着した夜に食べ損ねた

屋台料理がどうしても食べたい、というチャッキの願いを叶えるため、

170423.JPG

郊外の屋台村までやってきました。

母と3人でタクシーを飛ばして。

 

目的のお店は、弥生ちゃん夫婦がオススメしてくれた、

海鮮ビーフンのお店です。

到着した夜、お二人の案内で行ってみたものの、

時間が遅すぎてもう閉まっていたのです。

 

それをチャッキが悲しんで、再トライしたい!、と

強く言うものですから、昨夜、自力で挑んでみました。

目的地に到着したら

170423-2.JPG

はー!

もう、お店は長蛇の列!

 

わたくしが代表で並びました。

待つこと、10分ほど。

170423-3.JPG

かなり手際よく注文を取ってくれ、

サササッと頼んだものを作ってくれたので、

今度は食べ損ねる、という事態はまぬがれました。

 

そして、ようやくゲットしたもの、それはこんなのです!

170423-4.JPG

・シャコ入り海鮮ビーフン 25ドル(約1950円)

 

170423-5.JPG

チャッキの手と比べてください。

洗面器ぐらいの大きさの器に、

シャコ、海老、アサリ、野菜がたっぷり入った

汁ビーフンです。

 

これをセルフサービスでお店のオジサンから受け取り、

一人でこぼさないように用心しながら、

母とチャッキが待つテーブルまで運ぶ時、

現地の人、3人ぐらいに器を覗きこまれて

「ほわー!」

「ほわー!」

と言われました。

 

どうやら、チビのわたくしが、この洗面器ビーフンを

一人で食べると勘違いされたみたいです。

無理だわよ!そんなの!!

 

本当は、このビーフン以外にも、

弥生ちゃん夫妻オススメのその他のお料理も

食べてみるつもりでしたが、ご覧の通りの

迫力のサイズです、そんな余裕もなく、

3人で必死に、会話もないまま、ひたすら

ビーフンを食べました。

 

結果、

170423-6.JPG

・・・がんばりましたよー。。。

 

まあ、頑張ったのはチャッキ一人ですが。

チャッキが一人で半分ぐらいはお腹におさめてくれました。

うんまいうんまい♪、と言っていたのでヨカッタです。

わざわざ街中からタクシーに乗って来た甲斐がありました。

 

弥生ちゃんたちー、ありがとねー。

 

洗面器ビーフンを食べたあと、母は大好物の

170423-7.JPG

・アイスカチャン 1ドル20セント(約94円)

 

これも食べておりました。

かき氷、大好きらしいんで。

死ぬ前に最後に食べたいものと言えば、これだそうです。変なの。

 

そして本日、滞在4日目。

 

今日はゆっくりめのスタートです。

 

午前中はホテルで過ごし、

11時半に、道の反対側にある、

会員制のアメリカン・クラブへ。

母が泊めてもらっているお宅のマダムが

メンバーなので、今日はそこで

ブランチにご招待されていました。

 

チャッキと二人、早めに建物の前まで到着し、

外観を記念に写真におさめたら、

警備員のオジサンが飛んできて、

「写真は禁止!

 うちはセキュリティーが厳しいんだから!

 すぐに画像を消して!」と怒られました。

 

どうやらテロを警戒してでしょうか、

外から建物の写真すら撮ってはいけないようです。

やはり、平和ボケしている日本とは

全然事情が違うなー、と実感しました。

※なので全体の様子はクラブのHPにてご確認ください。

 

1階ロビーで、母とマダムに合流。

2階にあるレストランに案内してもらいました。

170423-8.JPG

とってもシックな空間です。

 

クラブの中にレストランがいくつかある中で、

ここは平日は子供の入店禁止、という、大人の空間なんだそうです。

そういう、大人の聖域をキチンと守る文化があるのは、

とてもいいなと思いました。

日本ではなかなか出来ないらしいので。

 

週末のブランチに限り、子連れもOK、というルールだそうなので、

今日はお金持ちそうなお子様も来ておりました。いいわねえ、あんたたち。

 

ブランチはバイキング形式です。

170423-9.JPG

さっき写真撮影のことで怒られたばかりなので、

取り分けてきたお料理だけをご紹介させていただきます。

 

まず、1皿目。

前菜系です。

170423-10.JPG

・ムール貝

・蒸しエビ

・スモークサーモン

・オレンジのサラダ

・リンゴのサラダ

・シーザーサラダ

・キングサーモンのたたき マンゴーサルサがけ

・パン

 

チャッキは大好物の生ガキをたくさんもらってきて、

鼻の穴を膨らませて食べていました。

 

2皿目

170423-11.JPG

・ローストビーフ

・ローストラム

・チャーシュー

・グリーンサラダ

・パンケーキ メープルシロップがけ

・フレンチトースト

 

肉&甘い炭水化物、のコンビネーションでやってみました。

ローストビーフとチャーシューが、絶品♪

 

3皿目

170423-12.JPG

・海老シューマイ

・青梗菜とシイタケのうま煮

・鶏唐揚げ甘辛ソース

・チャーハン

・酢豚風エビ

・クラゲの酢の物

・野菜炒め

 

中華のメニューでしめました。

 

食後は

170423-13.JPG

・クレームブリュレ

・キーライムパイ

・フランボワーズムース入りチョコカップ

・フルーツゼリー

 

デザートはもう1皿もらって来る予定でしが、

あまりの満腹具合に断念せざるをえませんでした。

あああ、苦しい。

 

優雅なブランチを堪能させてもらったあとは、

メインストリートのオーチャードロードにて

買い物タイム。

 

ローカル料理の調味料なんかを買ったあと、

チャッキの新しいスーツケースを探してまわりました。

持ってきたののコマがイマイチ調子が悪いので、

こっちで新調してしまおう、という魂胆です。

 

しかし、デパートなんかで探しても、

お高いお品物ばかり。

ちょっと前の新聞記事によりますと、

シンガポールは今年もまた、

不本意?ながら「物価の高い国ナンバーワン」に

選ばれましたので、仕方ないのかもしれません。

 

それならば!、と二人タクシーに乗りまして、
170423-14.JPG

インド人街へ。

 

170423-15.JPG

今日は日曜日。

お休みの日のインド人街は、ものすごい混雑なのです。

スリランカやバングラデシュなどから出稼ぎに来ている、

労働者の人たちが集まってくるので、大賑わいになります。

 

170423-17.JPG

インドのお寺前。

 

170423-18.JPG

目指したお店は、ムスタファ・センター。

インド人街で一番混み合っている、デパートです。

 

ムスタファで売られているスーツケースは激安なので、

お陰様でオーチャードの5分の1ぐらいの値段で買えました。

ラッキー。

まあ、クオリティーも5分の4ぐらい、下がるんですけど。

 

ムスタファは、デパートと言いながらも、かなりガラの悪いところなので、

170423-20.JPG

店内に持って入る、ヨソからのレジ袋なんかは、

入り口で警備員がすべて結束バンドで縛ってしまいます。

要するに、万引き防止ですね。

しないよ!そんなこと!

 

そして、買ったものも、レジにて、

170423-19.JPG

結束バンドで縛られるのです。

 

徹底して、お客を信用していない姿勢が潔いです。

 

 

楽しい昨日のブログ、一部を補足しました よろしければ再度ご覧ください嬉しい

いつもご覧いただきありがとうございますラブランチブログのランキングに参加しています王冠2
今日も応援クリックupグーupグーupゼヒよろしくお願いします!!ディナー地球ディナー地球ディナー

 

JUGEMテーマ:今日の昼ご飯

たびのごはん:懐かしの面々

  • 2017.04.22 Saturday
  • 19:45

 

シンガポール滞在3日目。

 

今日は午前中から、母とチャッキを引率して、

170422.JPG

アラブ人街へ。

 

母がバティック生地を買いたい、というので案内しました。

そして、わたくしは、帽子の資材を大人買い。

 

よし!もうこれ買うわ!、といつも

決断の早い母のおかげで、買い物はすぐに終了。

 

170422-2.JPG

イスラム教寺院のあたりを

少しだけウロウロして時間をつぶしました。

 

今日のランチは、お友達の弥生ちゃん夫妻、

それに、日本から弥生ちゃんちに遊びに来ている

彼女のお母さんと、計6人で、高級飲茶を食べる

約束になっています。

 

我々の買い物が、予定時間の3分の1で終わってしまったので、

レストラン予約時間の正午まで、まだまだ時間があります。

仕方がないので、徒歩でゆっくりお店方向へ向かうとして、

途中でちょっと寄り道タイム。

 

ブギスという下町の、若者向けの通りを少しだけ歩きました。

170422-3.JPG

テイクアウトの食べ物屋さんやジュースやさん、

それにファッション雑貨とお菓子屋さんが

ズラリと並んでおります。

 

170422-4.JPG

ちょっとまっすぐに歩けないぐらい、大賑わい。

 

ここでもまた、母が超特急でオニのように

シンガポールの駄菓子を爆買い。

 

これから高級飲茶のお店に向かうと言うのに、

両手に真っ黄色のレジ袋を下げて、

待ち合せ場所に向かいました。

 

170422-5.JPG

お店は、チャイムズという、元修道院の

敷地内にあります。

 

170422-6.JPG

中庭を抜けて、

 

170422-7.JPG

庭園に面した別館が、目的のお店。

レイ・ガーデンと言う、ここシンガポールでは

有名な中華料理店です。

ミシュラン一つ星を取ったとか。

 

170422-8.JPG

今回、このお店をランチに選んだのは、

チャッキからのたっての願いがあってのことです。

 

このお店は5年前に、我々の結婚披露宴でも

使わせてもらったのですが、チャッキはその時の

お料理を味を、なんにも覚えていないらしいのです。。。

顔も知らない地元のゲスト達に囲まれて、緊張しすぎて覚えてない、

というよりかは、顔も知らないゲスト達が、新郎である

チャッキに親しみをこめて、どんどんお酒を飲ませたので、

記憶がないそうです。可哀そう。わたくしは食べたよ。おいしかった。

 

なので、オレはもう一度、あのお店でちゃんと食べてみたい、と

言うので、今回また食べに来たワケです。

 

170422-9.JPG

階段を上がって、2階席へと案内されまして、

 

170422-10.JPG

長い廊下を通り抜け、

(のちほど、母がココで活躍)

 

170422-11.JPG

ゆったりとしたテーブル席へ。

 

弥生ちゃんたち3名様と合流後、こちらの好きな

点心メニューを自由に注文させて頂きました。

170422-12.JPG

・大根もち

 

170422-13.JPG

・湯葉巻き

 

170422-14.JPG

・ピータンと鶏肉のお粥

 

170422-15.JPG

・豚肉とカボチャの点心

 

170422-16.JPG

・小籠包

 

170422-17.JPG

・海老シューマイ

 

170422-18.JPG

・米粉の蒸しクレープ 海老入り

 

170422-19.JPG

・カイランのオイスターソース炒め

 

170422-20.JPG

・シューマイ

 

そしてそして、本日のメインイベント。

弥生ちゃんにお願いして、事前予約をしてもらっていた、

ここの特製スープの登場

170422-21.JPG

・冬瓜スープ

 

170422-22.JPG

冬瓜をまるごとくりぬいて、その中にいろいろな

高級食材を入れて蒸し上げた、このお店の名物スープです。

 

170422-23.JPG

お店の人に、取り分けてもらいます♪

その前に、全員でスープの撮影タイム。

 

それぞれ、器に盛ってもらってこんな感じ

170422-24.JPG

アワビ、金華ハム、貝柱、干しナマコ、干しエビなどなどの、

旨味がしっかり溶け出した極旨スープでした♪

チャッキ、大興奮。

お替わりを無言でしておりました。

 

そして、シメのデザートは

170422-25.JPG

・マンゴープリン

・ココナツプリン

 

170422-26.JPG

ここのもう一つの名物、マンゴープリン。

生のマンゴーをたっぷり使っているので、

濃厚で香り高い口当たりなのです。

 

170422-27.JPG

一方のココナツプリンも、かなりコクがあって、

わたくしはこちらの方を中心に、一生懸命食べました。

 

ランチのお代は、一人約4700円。

特製スープ約1万円も含めてのお値段ですので、

日本の高級飲茶に比べると、かなりお値打ちではないでしょうか。

 

お会計の際、今日の母のハイライトがありました。

 

弥生ちゃんの旦那さんのビリーが、我々に気を遣って、

そっとお会計をしに席を外して廊下に出たのを

目の端で確認した母。

 

ちょっと!yoo!

 

 追いかけて!! 」

 

と叫びながら、わたくしに財布の入った

ポシェットを投げつけ、

まるで万引き犯を追わせるように、

わたくしを追い立てました。

 

現場はさっきの

170422-10.JPG

ここです。

 

わたくし、走ってビリーに追いつき、

ビリーをレジまで先導しようとしていたお店のマネージャーさんに、

「こっちが払いますからっ!」

と言ったのですが、ビリーがいいからいいから、と

引き下がってくれません。

 

そこに、真打登場。

 

どーなった!?

 

 え!?

 

 ビリーが払うって!?

 

 ダメ!

 

 そんなのっ!! 」

 

と、廊下でまた叫び、

タタタと小走りで、まだ向こうに歩きかけているビリーに駆け寄り、

ビリーの右腕をガシ!、っと両手でつかんで、

 

YOU

 

 

 ゴーバック!! 」

 

と吠えながら、自分を軸にして、ビリーを振り回しました。

 

それはまるで、プロレスの試合で、

遠心力を利用しながら、相手をリングのロープに飛ばす、あれみたいでした。

吹っ飛んだビリー。

苦笑い。

お店のマネージャーさんは、あっけにとられて立ち止まっていました。

すみません、うちではこれ、ノーマルなんですぅ。

 

母の勝利。

ビリーは「負けちゃった…」とつぶやきながら

テーブルに戻り、弥生ちゃんに「もぅ…」と

言われてました。

弥生ちゃん、知ってるじゃん、うちの母は制御不可能。

 

そして、ハズレなしのおいしい飲茶を堪能したあと、

ビリーの車で、わたくしとチャッキはチャイナタウンまで

送ってもらい、

170422-28.JPG

中国式のマッサージを受けることに。

 

170422-29.JPG

15年ぶりのお店です。

お店はチャイナタウンのはずれの公団に移転してました。

 

170422-30.JPG

ここはお店はとても腕がイイので、

わたくしがシンガポールでTVや雑誌の取材の仕事を

していた頃、何度も紹介したところです。

オーナーの先生、覚えていてくれるかな。

 

ちょっとドキドキして入ったら、

しっかり覚えていてくれました!

 

「うわー、久しぶり!

 お母さんも、お元気ですか?」

とまで聞かれました。

 

やっぱり母は、印象に残るのでしょうか。

インパクトはありますから。。。

 

全身マッサージと針、それに吸い玉もセットで

やってもらい、1時間約5000円。

 

気持ちイイ施術で、カラダがふにゃふにゃになりました♪

 

お店を出たあと、チャッキに吸い玉のあとを見せてもらったら、

170422-31.JPG

赤い色のキリンみたいになってました。

 

その後、歩いてすぐのちょっと気になる場所へ

170422-32.JPG

町はずれのアンティーク屋さんです。

ここも昔、わたくしが可愛がってもらっていたお店。

 

わたくしが師匠と仰ぐ、オーナーのおじさんに

会いに行きました。

一本気があって、情にもろい、ちょっと変わった名物おじさんなのです。

ただ好きなだけで、アンティークやビンテージの家具や

雑貨を集めていた昔のわたくしに、色んな

知識を与えてくれた、恩人です。

ヨソで変なモノを買って失敗したら、ドヤされたものです。

 

お店に入った途端に、おじさんを見かけたので、

「ケンさん!yooだよ♪」

と声をかけたら、

 

「ぅぉぉぉおおおおおおおおおお!!」

 

と顔をしわくちゃしながら握手し、

大喜びしてくれました。

 

そしてやっぱり、

 

「どうだ!?

 お母さん元気かっ!?」

 

と聞かれました。

 

久しぶりに店内を勝手に見てくれ!、と言うので

チャッキを案内

170422-33.JPG

相変わらずガラクタだらけの

ホコリっぽい匂い。

懐かしいです。

 

170422-34.JPG

でも、以前に比べたら、むっちゃ整理整頓できてます。

おじさん、できるんじゃん、片付け。

 

お店をぐるっと見終わって、

「おじさん、また来るね〜」

と言ったら、

「ほら旦那さん、これ持ってきな!」

と、チャッキに古いお札をプレゼントしてくれました。

 

170422-35.JPG

おじさーん、ありがとう〜!

 

また来るねー♪

 

今日はいろんな懐かしい人に再会できて、

ほんっとにシアワセでした。

 

 

楽しい明日もめくるめくご馳走が待ってます♪うひひ嬉しい

いつもご覧いただきありがとうございますラブランチブログのランキングに参加しています王冠2
今日も応援クリックupグーupグーupゼヒよろしくお願いします!!ディナー地球ディナー地球ディナー

 

JUGEMテーマ:今日の昼ご飯

たびのごはん:他人もおののく

  • 2017.04.21 Friday
  • 18:28

 

シンガポールの旅、2日目。

今日から活動スタートです。

 

今回も、チャッキと二人での滞在先は、

170421.JPG

いつものホテル。

 

しかししかし!

今回は、ナゼだかウレシイ手違いがありまして、

いつものスタンダードなタイプの客室ではなく、

3つぐらい上のランクのお部屋にアップグレードされていました。

 

こんなお部屋です。

170421-2.JPG

入り口を入ったところ。

 

170421-3.JPG

部屋の奥から見たところ。

リビングと、ダイニングスペースがあります。

 

170421-4.JPG

ダイニング用のイスとテーブルがあるお部屋なんて、

初めてでございます。

 

それに、

170421-5.JPG

ミニキッチン付き。

シンクやIHヒーター、エスプレッソマシンはありますけど、

鍋や釜はありませんでした。

まあ、セレブはここではお料理しないので

良いのでしょうが。

 

170421-6.JPG

リビングもひーろびろ。

ここでもう一人ぐらいは余裕で泊まれるじゃーん、

って感じです。

 

そして、リビングの向こうに

170421-7.JPG

ベッドルーム。

 

170421-8.JPG

スイートルームって呼んでもいいんじゃないでしょうか。

フツーにホテル予約サイトのスタンダード料金で申し込んだのに、

こんなイイお部屋のゆったりスペース、申し訳ないぐらいです。

 

たまにイイことがあると、ビビるわたくしたち。

なんて小市民。

 

170421-9.JPG

お部屋ツアーをもう少し続けますと、

ベッドルームの向こうのバスルームが

これまたすごい広さで、

170421-10.JPG

ダブルシンクに、深いバスタブ。

我が家にある、チャッキの書斎よりも広い

バスルームです。

 

170421-11.JPG

収納スペースもたっぷり。

 

170421-12.JPG

やけにだだっ広いシャワールームもあります。

 

170421-13.JPG

アメニティーはエトロ。

スタンダードのお部屋では見たことのない

セレブっぽいシャンプーやローションです。

 

あまりのサプライズに二人ではしゃいでおりましたが、

ちょっと情けなくなったのが、お互いのパジャマ。

 

なーんの打ち合わせもなしに持参したパジャマ代わりのTシャツが、

170421-14.JPG

偶然にもおそろいでした。

しかも、チャッキー柄。。。

まるでバカップルのペアルックじゃないか!

もしも、客室係の人なんかが急に部屋に来ちゃったら

むっちゃ恥ずかしくないか?恥ずかしいよね?

 

旅の後半には、別の5ツ星ホテルに移動する予定なのですが、

こんなにイイお部屋に泊まれるなら、ずっとココでも

ヨカッタのに、、、と今から名残惜しいです。

たまにはこんなラッキーなこと、あるんですね。

 

さて、本日。

雨女のわたくしがシンガポールに到着したからでしょうか、

お空もお祝いしてくれまして、早朝から雷雨。

横殴りの雨が止まらない豪雨で、

ピカピカッ!、ゴロゴロ!、と

真っ暗な空が光っては唸ります。

 

今朝はオフィス街での用事があったのですが、

大雨のせいで、タクシーをつかまえるのに一苦労しました。

おかげで大幅に遅刻。

 

やっと用事がすんだら、時刻は12時半。

170421-15.JPG

朝の雨がウソのような、晴天に変わっていました。

 

オフィス街から母とチャッキと3人で歩きまして、

170421-16.JPG

チャイナタウンのはずれを歩き、

 

170421-17.JPG

屋台村を目指します。

 

やっと着いた♪、と思ったら、

170421-18.JPG

ひえー、なにこれ!?、工事中??????、と

むっちゃビビったのですが、屋台村の建物は囲いの奥で健在でした。

 

あああああ、ヨカッターーーーー。

 

建物の中に入ったら、

170421-19.JPG

もう、熱気ムンムン!

ちょうどオフィス街のランチタイムにぶつかった時間帯だったので、

混雑がピークの状態でした。

 

170421-20.JPG

どこも満席。

どこも相席。

 

われわれのお目当てのお店は、

170421-21.JPG

そうです、シンガポールで一番有名なチキンライスのお店。

今日もまた、すんごい行列です。

 

170421-22.JPG

並びきれずに建物の外の方まで行列が出来ております。

 

今回は、この屋台村での、他のオススメメニューもちゃんと

予習して来ました。

 

超有名チキンライスの3軒先で営業しているチキンライス屋さんが

ありまして、

170421-23.JPG

この、青い看板のお店なのですが、有名店の従業員が

お店のオーナーとケンカして飛び出し、自分で出店したお店なんだそうです。

こっちの人の間では、ここも超有名。

なぜなら、たった3軒先でやってるんですから。

お店の看板だって、本家と同じ、青い色で似たようなデザインです。

写真でおわかりいただけますでしょうか、奥の方に

本家の青い看板が写ってます。

でも、ここも本家と変わらずに美味しい、しかも

本家みたいに並ばずに注文出来る、というのが売りらしいです。

いろいろ、人間模様があるんですねえ。。。

 

とにかく我々は、3人の連係プレーでランチを確保することにしました。

母がチキンライスの長蛇の列に並び、

チャッキが大混雑の中で席を確保し、

わたくしが、飲み物と他の料理を注文してまわる、

という段取りです。

 

素晴らしいチームプレーにより、思いのほか、早くに

170421-24.JPG

チキンライス登場!!

 

170421-25.JPG

・ハーフチキン 12ドル(約936円)

 

母は、ゴーカイにチキンの半羽を注文。

 

ゴハンは

170421-26.JPG

・ライス 3ドル(234円)

 

マウンテンです。

チャッキがお替わりするのを見越して、4人前のライスを注文。

 

チキンライス以外にも、予習して得た知識を活用して、

170421-27.JPG

餃子とスーラータンのお店から、

 

170421-28.JPG

おいしいと評判らしい、蒸し餃子、それに

スーラータンを頼んでみました。

 

170421-29.JPG

これです。

 

170421-30.JPG

・スーラータン Mサイズ 4ドル(312円)

 

正直、スータータンは全然おいしくありませんでした。

なぜだか、ケチャップの味がすごくするのです。

酸っぱいとか、辛いの前に、ケチャップの甘ったるいのが

お口の中に来ます。

なので、これは3口ぐらいで食べるのをやめにしました。

 

一方で、

170421-31.JPG

・蒸し餃子 8個入り 4ドル(312円)

 

これは中のあんにしっかりと味がついていて、美味でした♪

170421-32.JPG

黒酢ショウガと一緒にいただきました。

 

テーブルの上はこんな状態。

170421-33.JPG

6人掛けのテーブルに、相席のOLさん2人組がいたのですが、

あっちのスペースなんかお構いなしに広げたご馳走の数々。

それを会話もなしに食べる我々。

だって、美味しいから、忙しいんですもん。

 

とにかく3人でガツガツ食べていたら、

あっと言う間にチキンライスのチキンがなくなりかける事態に。

 

すると母が、

 

もっと食べるでしょ!

 

 ねっ 」

 

と言って走り去り、

 

こんなの買って来ました

170421-34.JPG

・ハーフチキン 9ドル(約702円)

 

今度のは、超有名店の本家のほうのではなく、

元従業員のほうのチキンです。

そっちの方は並ばなくてよかったので、

すぐに買えたようです。

 

大盛りのチキンがなくなったと同時に、

また同じ大盛りチキンがドカン!、とテーブルに置かれた瞬間、

汁ビーフンを食べていた相席のOLさんの一人が、

ビーフンを口にくわえたまま、一瞬固まりました。

そして、目が寄り目に。

 

母とチキンを見比べて、むっちゃビビってました。

<なにこのオバサンたち、どこまで食べんの!?>

という心の叫びが聞こえてきそう。

 

苦笑いしているわたくしと目が合った瞬間、

あっちも苦笑いしておりましたが、

チキンを都合、まるごと1羽食べている我々に

呆れているのは、よーくわかりました。

 

いやぁ、こっちだって、まさか母が

また半羽買ってくるなんて、思ってませんでしたよ。。。

 

しかし、

「いやぁ〜、いくらなんでも、

 もう半羽(食べるの)は無理ですよねぇ〜」

と言っていたチャッキが、全部食べました。

 

すごいわ!

 

アンタたち、すごいわ!

 

OLさんたちは、我々がチキンのお皿を完全に空にするのを

見届けてから、立ち去りましたけど、

ゼッタイにオフィスに戻ってから、

噂していると思うのです。

 

「さっき、すごい日本人たちがいたわよ!

 チキン1羽食べてたわよ!」

って言われている気がするのよねえ。

多分。

ゼッタイ。

 

※ちなみに、元従業員のところのチキン、

本家に引けを取らず、美味しかったです!!

 

 

楽しい滞在中、食べる予定だけはミッシリです嬉しい

いつもご覧いただきありがとうございますラブランチブログのランキングに参加しています王冠2
今日も応援クリックupグーupグーupゼヒよろしくお願いします!!ディナー地球ディナー地球ディナー

 

JUGEMテーマ:今日の昼ご飯

たびのごはん:上には上が かなり上が

  • 2017.04.20 Thursday
  • 14:56

 

午前中。

170420.JPG

空港での風景です。

 

170420-2.JPG

搭乗ゲートにて、搭乗待ち。

 

今日の羽田はとても混んでいました。

チェックインに1時間以上かかり、

やっ搭乗ゲートに辿りついたら、

170420-3.JPG

搭乗開始も遅れが出ておりまして。

 

170420-4.JPG

今回は、シンガポールに行きます。

最初は、気ままな一人旅、のつもりでしたが、

チャッキも一緒に行く話になり、

それを実家の母に話したら、

「ふーん、いいよ、ママも。

 一緒に行っても」

という流れになったので、3人旅となりました。

どんな珍道中になるのやら、今から心配です。

 

やっとの搭乗アナウンスを待って、機内に入るも

170420-5.JPG

離陸までかなり待たされる羽目に。

 

ようやく空の上の人となりましたが、

100%の満席のため、機内サービスが遅い遅い。

新人CAさんの研修も兼ねているフライトだったようで、

いつも以上に段取りが悪すぎます。

 

170420-6.JPG

ドリンクサービスがはじまったのは、

離陸してから1時間以上経ってからでした。

 

本来の出発時刻は11時過ぎだったので、
飛行機が飛んだら、すぐにランチが食べられる、と

アテにしておりましたが、なっかなか食事が配られず。

なんか、食べ物のニオイが近くでするな、と思ったら

170420-7.JPG

チャッキが隣で、さっき配られたあられせんべいを

ボリボリと食べていました。

 

やめなよ!

すぐにランチ食べるのに!

 

母なんか、お腹が空きすぎてか、

CAさんがドリンクを聞きに来てくれたのに、

 

あたしは 和食〜!

 

と、叫んでいました。

 

だから!

 

飲み物だってば!!

 

やーっとお食事サービスが始まったのは、離陸してから2時間ぐらい

経ってからでした。

メニューはこんなの

170420-9.JPG

海鮮ちらし丼か、チキンの煮込みです。

 

3人で相談して、全員同じものを頼むことに。

170420-10.JPG

・チキンの煮込みビーンズソース

 *チキンの煮込みビーンズソース

 *温野菜

 *マッシュポテト

 *サラダ

 *そうめん

 *パン

 *ココナツチョコケーキ

 

170420-11.JPG

メインが、チキンの煮込み、

 

サイドは

170420-12.JPG

レタスと大根だけの、どうってことないサラダ、

 

170420-13.JPG

なんでこんな組み合わせ???、のそうめん。

 

そして、

170420-14.JPG

デザートのココナツケーキです。

 

機内食のフタを全部開けて、さあ食べよう、としたところで、

 

ほら これも! 」

 

と差し出したのは、

170420-15.JPG

・母の手作り弁当

 

170420-16.JPG

太巻きと、鶏のから揚げを作って来た母。

 

出発数日前に、機内に太巻きでも買って持ち込むか、

みたいな話はしましたが、まさか本当に作ってくるなんて。

 

しかもこれ、

170420-17.JPG

一人1パックずつ、あるんです。。。

 

そんなに食べられるワケないじゃーん!

170420-18.JPG

結構、立派なサイズのお寿司ですし。。。

 

 

170420-19.JPG

甘酢ショウガまでしっかり持ってくる徹底ぶりなんですけど、

完食するのは、かなり大変です。

 

170420-20.JPG

チャッキは、

「ねー、通路側に植わってるオレは、

 みんなに一番見られて恥ずかしいんですけど・・・」

と言いながらも、膝にお弁当を乗せて

一心不乱に食べていました。

唐揚げは、別のタッパーに入った(お替わり用)のも

全部食べておりましあ。

 

わたくしの持ち込んだものはと言えば、

170420-21.JPG

冷蔵庫で余らせて困っていた、リンゴぐらいでしたので、

まだまだ修行が足りません。

まさか飛行機に手作り弁当を持ち込む人が

身近なところでいたなんて。

 

母のお弁当のお陰で、飛行機の中で初めて、

もうお腹いっぱいで苦しいです、と言うぐらい

満腹になりました。

 

はー、わたくしなんか、まだまですねー。ー

 

 

楽しい明日のランチは屋台ゴハンをご紹介できるかな嬉しい

いつものご覧いただきありがとうございますラブランチブログのランキングに参加しています王冠2
今日も応援クリックupグーupグーupゼヒよろしくお願いします!!ディナー地球ディナー地球ディナー

 

JUGEMテーマ:今日の昼ご飯

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM